沸騰水型原発の規制勧告書

2017.1.12 沸騰水型原子炉に対する規制勧告(電力会社および製造・販売する企業宛て)

福島原発事故により、沸騰水型原発について多数の装置の欠陥が明らかになりました。
これらの装置の欠陥を放置したまま製造・販売・使用することは許されません。
民間規制委・東京は、1月12日、沸騰水型原発を使用する電力会社(東電、東北電、中部電、中国電、日本原電、北陸電)および製造・販売する企業(東芝、日立)に対し、以下の3項目の規制勧告書を送付し、1カ月以内に文書回答するように求めました。

ダウンロード
170112沸騰水型規制勧告1-3(最終版).pdf
PDFファイル 117.2 KB